月別アーカイブ  [ 2009年03月 ] 

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

回復してます

[ 2009/03/11 22:17 ]
灰斗さんは昨年12月にFIPを発症しました。
FIPとは『猫伝染性腹膜炎』のことです。

灰斗さんの体の中にコロナウイルスという生物がいました。
コロナウイルスは通常は何も悪さをせず、もし体外に出てもすぐに死んでしまうので感染力も強くない、どちらかというと弱っちいウイルスなんです。
ところが、なんらかの要因により突然変異してしまうと、恐ろしい症状を引き起こしてしまうFIPウイルスになってしまうのです。
発症すると非常に致死率の高い怖い病気です。

灰斗さんの預かりボランティアをされていたゆんさんの手厚い看護のお陰で灰斗さんはFIPから生還することができました。
ただ、その治療の過程で灰斗さんの免疫力を落とす治療が行われ(FIPは猫の自己免疫力の暴走によって劇症化してしまうのです)、皮膚を真菌にやられてしまいました。
真菌とはカビの一種で水虫やヘルペス(ヘルペスはヘルペスウイルスによるものです。間違えてしまいました><;;)カンジタも真菌によるものです。
つまり、どこにでも、誰の体にも取り付く菌なのです。
普段は免疫力のお陰で真菌の活動も抑えられていますが、FIPの治療のために免疫力を抑えていたために真菌に負けてしまい体のあちこちにハゲが出来てしまったのです。

2月11日に初めて会った灰斗さんの足には、まだツルッツルの大きなハゲが残っていました。

それが、今では

肉球と禿げ

ほら!
ぽにょぽにょ~っと毛が生えて来ています♪
あごの下ににきびが出来てカユカユだったのも、次第に小さくなってきました(こちらは写真とれず)

FIPでもいい。
もしたくさん医療費がかかって、それでもすぐにお別れになっても、それでもいい。

覚悟の上で譲渡を申し出たのですが、思いがけずこんなに元気になってくれました。

「灰斗、幸せになりなさいね」
一時は元の飼い主さんに見放された灰斗さんですが、猫の神様や保健所の職員さんや救い出してくださったボランティアさんや灰斗の世話をずっとしてくださったゆんさんや灰斗さんの治療費を募金してくださった沢山の方や、ブログを見て心配し応援しててくださった大勢の皆様の熱い想いを一身に背負って、灰斗さんは我が家へやってきてくれました。

元気にならないわけないですよね!!

灰斗は幸福な猫です。

これからもたくさんの幸せを灰斗と共に・・・・。



って・・・
・・・・あれ?

なんかお別れの挨拶みたいになってしまった(^^;;;

みんなでまんま まだまだ続きますよ~(汗)
今週末には初めての病院へGO!を計画しています。
でも、いまだに大人しく抱っこさせてくれない灰斗さん。

連れて行けるのか?

(^^;;;;;
スポンサーサイト
プロフィール

ami

Author:ami
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新トラックバック
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。