月別アーカイブ  [ 2010年08月 ] 

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バルトの耳事情

[ 2010/08/20 00:11 ]
一昨日からバルトのグルーミングを始めました。

まずはブラッシング。
これは問題なし、とっても気持ちよさそうにスリスリとやらせてくれます。
ただ短毛なのであまり毛は取れませんでした。
抜け毛はすごいんだけどなぁ?

爪切り。
嫌がりますねぇ~
右前足の爪を一本切ったところでグネグネと抵抗しだし、もがいて逃げようとします。
なので、結局2本しか切れませんでした。
時間をかけて少しずつ切っていくことにします。
誰かを傷つけるようなことはしない子なので、徐々にやっていけばOKでしょう。


問題は「耳」  (--;

バルトはアメリカンカールです。
アメリカンカールは耳が特殊な構造になっていて、耳の中が鍾乳洞みたいに入り組んでいます。
そのせいかどうか、詳しくはわからないのですが耳垢が非常にたまりやすく、ねっとりと耳の中にこびりついてしまいます。
アメリカンカールすべてがそうなのかどうかはわかりません。
ただ、ずーっと前に見た猫図鑑では「アメリカンカールは耳掃除が必須である」という事が書いてあって、大変そうだなぁもし猫を飼うときはアメリカンカールはやめておこうと思ったものです。

そんな私が何故かアメリカンカールの灰斗さんに惚れてしまい、噛まれ・引っかかれ・威嚇されながらも耳掃除にいそしむ日々になり、彼の死後もまたアメリカンカールと暮らし始めたという摩訶不思議。

なんていうの?
お世話する喜び・・・みたいなものに目覚めちゃったというか。
愛しい物をいじくれる楽しさ?
サルが仲間の毛づくろいをしながら親交を深める行動と似たようなもんか?違うか。



まぁ、いいや。

で、バルトの耳掃除ですが。

バルトの元飼い主さんは、バルトの甘えん坊で屈託の無い性格から察するに、大変猫たちを可愛がって育てていたと思われます。
が、耳掃除までは行き届かなかった模様でして・・・

バルト耳の中真っ黒!!
しょっちゅう痒そうに頭を振っているのですが、こんな状態ならさもありなん。
比較的取りやすい場所でも、ドッサドッサと耳垢が湧いてきます。

初日は軽めに耳掃除をして、昨日もっと奥までやろうとしたら、なんと奥のほうはすでに耳垢が石化(←多少大げさ)して、耳穴をカッチリとふさぎ固めてしまっていました。
綿棒では太刀打ちできなかったので、灰斗さん用に買ったライト付き耳かきを当ててみるも、カチカチの耳垢は固着された石ころのようにびくともしません。

そして今日。
洗浄液を作って(精製水+グリセリン他)耳に垂らして、ふやかしてから再チャレンジしました。


すると・・・・・



ガボッと、びっくりするくらいデカイ耳垢が取れました!!

どれだけすごいかというと


kyaririn.jpg


♪超汚い耳垢画像が下にあるニャ
 ほぼウン○画像と変わりないニャ!
 よっぽど興味のある人以外は見ないほうが身のためニャ~~!





































mimiaka.jpg

綿棒も耳かきも普通に人間用サイズです。
いかにスゴイ物があの小さな耳に詰まっていたか、わかっていただけることと思います。

今日は右耳だけ掃除しました。

明日は左耳をやります。

またゴツイのが入ってんだろうなぁ~。






スポンサーサイト
プロフィール

ami

Author:ami
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。