スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お悔やみありがとうございます

[ 2010/02/24 00:11 ]


『子供が生まれたら犬を飼いなさい。
子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。
子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供がおとなになった時、
自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。

子供が生まれなければ ねこ を飼いなさい。
ねこ が赤ん坊の時、あなたは ねこ の良き しもべ となるでしょう。
ねこ が幼年期の時、あなたは ねこ の良き しもべ であるでしょう。
ねこ が少年期の時、あなたは ねこ の良き しもべ でいるでしょう。
ねこ がおとなになった時、あなたはやはり
ねこ の良き しもべ のままでしょう。
そして、いつかそのとき、ねこ は自らの死をもって
あなたのこころに ねこ 型の穴を開けるでしょう。

その穴を埋めるには、また ねこ を飼うしかありません。』


一昨年くらいに、ネットめぐりをしていて見つけ、とても感動したので保存していた詩です。

私のこころには耳が後ろにカールした、かわいくてワガママな猫の形の穴があいてしまいました。
この穴が埋まることはないだろうな。



『あまりいつまでも悔やんでいると、亡くなった子が「自分のせいで悲しんでいる。こんなに悲しませてしまって自分はこの家に来た甲斐が無かった』と思ってしまいますよ』

灰斗さんを火葬に送り出す時、業者の優しいおじさんに言われました。


だから、灰斗さんが亡くなってからいままで「私のせいで・・・」とくよくよしそうになった時にこの言葉を思い出して、考えないようにしてきました。



灰斗さんの訃報に際して、たくさんの方からコメントをいただいていました。
亡くなる前にありがたいお申し出もいただいていたのですが、今になってしまいせっかくのお気持ちを無駄にしてしまいました。
どうもすみません。そして、ありがとうございます。

こんなにたくさんの方に見守っていただいて、灰斗さんは幸せな猫さんでした。

私のことも気遣っていただいて有難く嬉しく思います。

灰斗さんを保護されていたゆんさんからもメールを頂きました。

私一人だけだったら、きっと悲しみと後悔と懺悔で押しつぶされていたと思います。



お一人お一人にきちんとお返事をさしあげるべきところ、この様な形でまとめてのご返答になりましてすみません。

ほんとうにありがとうございました。


スポンサーサイト
灰斗さんは元の飼い主さん、
預かりさん、そしてamiさんにいっぱい愛されて幸せだったと思います。


灰斗さんが開けたネコ型の穴は
大事にとっておいていいと思いますよ。。
そしてちょっとずつ、元気になってくださいね。


[ 2010/02/24 15:32 ] [ 編集 ]
私にも犬型の穴があいてますよ。
愛しいわんこが来てからも
その穴は消してうまらず
毎日毎日思い出します。

だから
amiさんの気持ち、100%わかります。
きっと100%わかる方が
amiさんの周りにはたくさんいるので
ひとりだけの悲しみじゃないので(>_<。

また絶対に会えますよ。

私が死んだらあの子達に会います。

かりんこさんとしいにゃりちゃんもきっと
amiさんを心配しています・・・
[ 2010/02/24 21:23 ] [ 編集 ]
猫型
私も三つ空いてます。

それは今暮らしてる三匹の猫達に埋められる穴ではないのです。この子達がお空に昇ったら、また猫型の穴が空くんでしょうね…。

それでも、愛さずにはいられない猫達(笑)


私は思います。
抱きしめることは出来なくても、名を呼んでも返事はなくても、姿はなくても、灰斗くんは、これからもamiさんの心に勇気をくれます。

悲しい時は泣いていいのです。
哀しんだっていいんです。
我慢することはないんです。

その涙は、灰斗くんへの愛情だと思います。


素敵な詩を教えてくれて、ありがとうございました。

[ 2010/02/24 22:38 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/02/25 00:55 ] [ 編集 ]
辛かったね。
amiちゃんところで過ごした時間灰斗さんはとっても幸せだったと思うよ。
楽しい思い出をたくさん思い出してあげましょう。
実は・・・
ひまわり君も、7日の夜に・・・
私たちの手の中で、最後まで愛嬌を振りまいて、最後は、ふっと抜けるように召されて行きました。
辛くてさみしくてお嬢もずいぶん泣いたけど毎日楽しかったことを思い出しています。
で、先日、偶然友人から生後2週間のかわいい仲間をもらったのです。
癒されています。
ひまわり君の穴は埋まらないけど。
amiちゃん、
穴は埋まらなくていいじゃない。その穴の向こうから灰斗さんが笑っているよ。
[ 2010/02/28 23:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ami

Author:ami
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。