スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もりっと出ました

[ 2009/10/13 10:25 ]
昨日の夕食後に灰斗さんのうんちが出ました。
昨日の朝も一昨日もミートボール一個分くらいしか出ていなかったのですが
今度はたくさん出ていました。

一応証拠写真も撮ったのですが、載せるのは辞めました(^m^

硬さも色も上出来なウンティス君でした。

お騒がせいたしました。
無事、一件落着です(^^)

灰斗さん、夜間病院初体験

[ 2009/10/11 01:03 ]
10月9日 夜8時40分頃

灰斗さんがケコッケコッと言い出して、げぼっと吐いてしまいました。
夕食はヒルズのK/d ドライのみ
私が吐いたものを片づけていると、灰斗さんはトイレに入りました。
腰を浮かせてしばらくふんばるも、何も出てきません。
トイレから出てしばらくウロウロ
また トイレに入る。なにも出ない。
「ウォウウォウ」と吠えながら歩き回り、トイレじゃないところで大人の指先大のうんちを一つ。

めったに吐くことのなかった灰斗さん。
おしっこもうんちもいつも問題なく出ていたはず。

これは腎不全が進行して、尿が出せない状態なのではないか!?
おしっこが出ない⇒尿毒症を発症??

ぐったりして横になる灰斗さんを見ながら、嫌な想像が頭をよぎりました。
主治医の先生は「吐いたらすぐに連れて来てください」と言っていた。
でも、診察時間はとっくに終わっている。
明日まで待って良い状態なのかはわからないし、この状態の灰斗さんを何時間もほっておくことはできない!

急いで支度して、夜間動物病院に駆け込むことにしました。
動揺のあまり事故を起こしかねないので、車ではなく自転車にキャリーを乗せて。

幸い近くに年中無休の夜間病院があり、夜になにかあったらココに行こうと以前から決めていました。

町田夜間動物病院


病院に着いて、まず意識はしっかりしていること、慢性腎不全であることやFIPを発症していたこと等を資料を見せつつ説明してさっきの症状を伝えました。

カテーテルで膀胱からおしっこを抜きましたが、たまっていた量は少しでした。
エコー検査でも、血液検査・尿検査でも大きな異常は見られず、腎不全の悪化によるものではないであろうということでした。
腎臓の結石が膀胱まで落ちてきて尿道を塞いだのでもないとのことでした(ごくまれにあるそうです)

調べた結果、腸にウンチが溜まっていて、う~んと踏ん張ってもなかなか出ず、踏ん張って力んだせいで腹圧がかかり嘔吐したのではないかと。
トイレに入ってなかなか出なかったのは、おしっこではなくウンチの方だったのでは?とのことでした。


灰斗さん・・・・・便秘?(^ー^;;)

ひとまず処置はなにも行わず、また吐いたりぐったりするような事があれば再度受診するということで、いったん帰宅することになりました。

帰宅して、お腹空いたと訴える灰斗さんにカリカリを少し出してやりました。
なんか普通に元気っぽい・・・

ただの便秘だったの?

夜が明けて、明け方にソーセージ大のうんちをした灰斗さんをつれてかかりつけの病院に行きました。
調子がいい時はソーセージ3本分くらいイケちゃう灰斗さんです。やっぱり少ししか出ていない。
昨夜の経緯を話し、夜間病院のK先生が作って下さった報告書もお見せして、改めて診察していただきました。

かかりつけのO先生もやはりウンチが詰まったことによる不調と診断され、さてどうするかと相談しました。

O先生が触診したところによると、出口付近のウンチは固く太く、したがって出にくくなってしまっているが、その手前のは柔らかい状態とのことでした。

先生がお腹にぐっと手をあてて、外側から腸の中のウンチを揉んで塊をほぐしたり出やすいように細くしてくださったりというびっくり治療を施して下さいました。

これでもし出ないようなら、また受診してグリセリンか生理食塩水を使って浣腸することになりました。

グリセリンを潤滑剤にして出す治療だと、体内の水分をグリセリンが引っ張っていってしまうので同時に点滴をして脱水症状を防ぐ処置もしないといけないんだそうです。

人間なら コー○ックを飲んだり、運動したり、セロリをかじったりと対処法もいろいろ(割と手軽に)ありますが、猫の便秘の対処がこんなに大変とは。

大変だけど、でも便秘で済んで良かった~(><)

夜間動物病院に向かうときは心配で心配で、頭の中がマッチロでした。

まだちゃんとしたウンチが出ているわけではないので、一安心とはいきませんが最悪の事態ではなくて良かった。

尿毒症で全身症状が出てぐったりしているときは、逃げたり踏ん張ったりも出来ないんだそうです。
診察台の上の灰斗さんは、逃げようと足を踏ん張って、時にはぶるぶると震えたりしていました。
私の手に噛みついたりする元気もあり(^^;


現在の灰斗さんは、夕食もしっかり食べて(手作り食にしました。野菜の繊維たっぷり)まったりと寝ています。

早くスッキリできますように。

ここ2日でお財布の中はかなりスッキリしちゃいましたけどね~
あはははは~(T∀T)






検査結果と乙女の寝室

[ 2009/06/12 00:36 ]
腎不全の灰斗さんは定期的に血液検査をして体調の変化をみています。

6日土曜日にまた検査をしてきました。

結果は
BUNが76.7 前回(5/5)と同じでした。
Creが4.2 前回3.6だったので少し上がってしまいました。

ヘマトクリット値が前回26.9と、正常値内ではありながら低めだったので心配していたのですが、こちらは31.5に持ち直していました。
ちなみに正常値24~45。
貧血が進むと値が下がってしまいます。
前回はヘモグロビン量や赤血球数も下がり気味だったので先生もこの点を心配されていましたが、いずれも数値が上がっていました。
少し安心。

症状としては落ち着いているので2ヶ月おきの検査でも良いと言っていただいたのですが、やはりこまめに経過を把握したかったのでまた1ヵ月後に検査をすることにしました。

少し前に気がついた歯石ですが、やはり腎臓病の子に麻酔をかけるのはリスクが高すぎるので自宅で少しずつ取ってあげてくださいといわれました。
横浜に麻酔無しで歯石を取ってくださるトリマーさんがいらっしゃるので、時期を見てそちらにお願いしてみようかと思います。
一度そこで歯石取りの要領を見せていただいて、それから自宅ケアをしていくつもりです。

週に1~2回ですが歯磨きを始めました。
いや~ん、って感じでもだえてますがなんとか歯全体をコシュコシュすることが出来ます(^^)



↓↓つい先ほどの灰斗さん↓↓

お布団を敷いたら寝る気満々

眠い灰斗


布団のど真ん中はおかーさんの場所ですよ(TдT)/

しかも枕まで独占してるし!!



眠り灰斗

寝た!!

枕が毛だらけに~~ああ~~~~(TωT)

にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ←端っこで寝ます。いいの。幸せだから。

血液検査の結果

[ 2009/05/10 10:55 ]
5月5日に動物病院に行って血液検査をしていただきました。

10日間 吸着剤投与とカリウム補給をしてきて、数値の変化を見ました。

結果は・・・

BUN---血液尿素窒素。血液中の尿素に含まれる窒素分。
       腎臓で濾過され尿中に排出されるため、この検査値は腎臓の機能チェック
には殊に重要となる。
       参考正常値---20~30

       4/25の値『84』から『76.7』に減少  でもまだまだ高いです。

Cre---血清クレアニチン。
       クレアニチンとは蛋白の老廃物。筋肉中で使われた物質が血液中に放出さ
れたもの。
       したがって筋肉量に比例する。
       老廃物の一種なので排泄機能、特に腎臓障害があると、この値が高くなる。
       参考正常値---0.8~1.8
       4/25の値『4.5』から『3.6』に減少 こちらもやはり高いままです。


依然高い数値ではありますが、減少していたのでとりあえずほっとしました。
食欲は問題なし。
Medifus(メディファス)という缶詰がとてもお気に入りで、よく食べてくれるので手作りと缶詰とを混ぜて出しています。


Medifus
マヨネーズとお醤油をかけたらそのまま人間も食べられそうな美味しそうな猫缶です。
成分もかつお(まぐろ)・ささみ・ヨード卵光・ごはん・ビタミン・ミネラル とシンプル。
高齢猫用よりも老齢猫用の方がリンが抑えられているので灰斗さんには老齢猫用をあげています。

灰斗おじいちゃん♪

5/10-7

「あのなぁ・・・(怒)」


おじいちゃん、お水がついてますよ~(^0^)
5/10-9

「ん・・・」



ぽ

「うむ~」

(^m^)


ところが、なぜか缶詰を扱っている店が少ない(><)
うちの近辺で缶詰とドライの両方を扱っているのはユニディというホームセンターのみ。
ペットショップでは(規模の大きい所3つ周りましたが)ドライしか扱ってませんでした。
ユニディさんが取り扱いを辞めないようにせっせと買いこんでいます。

灰斗さんの体調をご心配いただいていたのに、ご報告が遅くなってすみません。
若干なりとも数値が下がったことでほ~っとしたその日の夜から、今度は私が体調を崩してしまいました(^^;
といってもただの風邪ですが。

灰斗さんは相変わらず、よく食べよく飲みよく出しています。

FIPの抗体価検査もやっていただきたいところでしたが、GW中ということで検査機関に出すまでに期間があいてしまうとの事でまた後日になりました。

にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ←おじさんから一気におじいちゃん!?いえいえ、まだまだかわゆい赤タンですよ♪


灰斗さんが腎不全(T-T)

[ 2009/04/28 23:51 ]
灰斗さん1

25日土曜日に灰斗さんを病院に連れていきました。
3月に初めて病院に行った時に水をたくさん飲んでおしっこも大量にすることを相談したら、いちど尿検査と血液検査をしましょうということになっていたのです。
腎臓に結石をもっているので、その結石がストラバイトなのかシュウ酸カルシウムによるものなのかを調べるのも尿検査でおおよそ分かるんだそうです。


灰斗さんの採尿は、おしっこ中に尻尾を持ち上げて平たいお皿をお尻側から差し込んで取ります。
これまでなかなかタイミングが合わずに日中の採尿ができなかったのですが、この日はちょうど通院可能な時間帯に採尿できたので、行く事にしました。


尿検査の結果は良好。
pH7のまずまずのおしっこ。結晶もでていませんでした。
結石がどちらなのかは聞けませんでした。
なぜなら、血液検査の結果が悪かったためすぐにそちらの話になったからです。



灰斗さん、食欲もあるし階段も元気にタッタカターと駆け下りるし、多飲多尿だけど一見するととても元気そうなのですが・・

腎臓の値がとても悪く、腎不全との診断が下りました。

猫の慢性腎不全について

すぐにレントゲンと超音波検査をしていただきました。

左右二つある腎臓のうち、右の腎臓が萎縮してしまっています。
腎臓病は軽いうちは数値に表れにくいんだそうで。
血液検査の数値に表れるということは、腎臓の75%が機能しなくなっているということらしいです。
でも左の腎臓は問題なさそうに見えるのに。
多飲多尿は腎臓機能の60%が失われると出てくるそうです。
1/2が元気に機能してるなら、多飲多尿も血液検査の悪い数値も出ないのでは??
左の腎臓も問題アリなのか??

今なら冷静に考えられるのですが、その時は動揺して緊張して、先生の話をしっかり聞くのがやっとでした。

灰斗さん、こんなに元気なのに・・・・

めしをくれ~
めしをくれ~~


今 灰斗さんは食餌に医薬品の炭を混ぜて食べています。

コバルジン

食べ物の老廃物を吸着・除去してくれるので、老廃物をろ過しておしっこを作り出す腎臓の働きをサポートしてくれるんだそうです。

炭団子

結構大きな砂粒くらいありますが、お肉と混ぜて団子にすると問題なく食べてくれます。

それと、低カリウム症にならないようにカリウムとビタミンの混ざった水薬を毎食後にシリンジで飲んでいます。

次は5日か6日にまた血液検査をして、経過を見たのち、数値によっては点滴治療にはいるかもしれません。

お薬を飲んでいるとはいえ、腎不全は治る病気ではないのだそうです。
悪化してすぐに死んでしまわないように、なるべく悪化の速度を遅くする治療しかないのだそうです。

こんなに元気なのにね・・。

でも獣医さんは「症状が出る前に、早めに分かってよかったです」とおっしゃってくださいました。

いろいろと情報が頭の中で錯綜して、うまく纏められませんが

灰斗さんの寝顔

この可愛らしい寝顔を一晩でも多く見続けられるように 頑張ります。


にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ←灰斗!長生きするのよ!






プロフィール

ami

Author:ami
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。